あなたの想いをつなぐ為に終活プランナーに出来る事があります

終活についての私事ですが、体験談をお話ししたいと思います。

母から私へつなぐ

私には今、母親しか居ません。

母親には財産がなく、私は一人っ子です。相続でもめる要素がありません。

母親には終活は必要ないかなと思いつつ、直接お葬式や死亡保険の事など話しにくいので

先日、母親にエンディングノートを渡しました。

母 「何これ、まだ早いよ。考えた事も無いよ」

と想像通りの返事。

私 「まあ、最近流行ってるし、目を通してみてよ。」

と軽く言って終えました。

 

次母親に会った時

「宇宙葬がしたいんだよね」

と母。続けて

「宇宙葬って、骨を宇宙に飛ばすんだって。これなら本当に死んだら星になってお前達を見守ってるって感じでしょ」と。

宇宙葬とは聞いたことも無かったし、そんな素敵な事を考えている事に驚きました。

そこから、花が好きだから棺の中にはお花をいっぱいに入れて欲しいとか、遺影は自分で気に入った写真を選びたいとか、色々希望が出てきました。

母の事、わかっているようでわかっていなかった

エンディングノートがきっかけに、母の想いが私に繋がれた瞬間でした。

未来へつなぐ

私から子へ

私は40歳を目前に大きな病気をしました。

病気になるまで自分の人生の終わりはまだずっと先だと想像すらしていませんでした。

今は人生の終わりを意識せざる負えなくなりました。

子供の思い出の中には、私が楽しそうにしている姿を多く残してもらいたい。

そのために今私は何が出来るのか。

現役世代の私達にも終活は他人事ではないと実感しています。

お1人様のつなぐ

結婚できないのではなくて、しないあなた。

気兼ねなく自由に生きていくために、いざという時の準備しませんか?

最後に会いたい人、連絡してほしい人、大切な物の処分方法…

決めた後人生が変わったら、また考えなおせばいいだけです。

終活は遺言と違って、決まった形も無いです。

まだ早いと思ってるあなた。そんな事ないですよ。

「今の人生をよりよく生きるために」

思い立ったらいつ始めても良いです。

まず何から始めたらいいのか?」気になりだしたら、ご相談下さい

関連サービスのご紹介
FPがあなたのライフプランデザインをお手伝いします  守る相続