相続に関して司法書士が出来る事・出来ない事

こんにちは。相続に関して 司法書士が 出来る事 と 出来ない事 をご紹介します。

司法書士が出来る事

1 相続人を確定させるための戸籍謄本の取得

相続人を確定させるために、亡くなった方の「死亡から出生までの連続した戸籍」を取得する必要があります。 出生まで遡る事で、婚姻歴や子供の有無等を確認します。

なぜ相続人を確定させる必要があるのかというと…

遺産分割協議をする場合は相続人「全員」が参加して行う必要があり、一部の相続人を除いて行った協議は無効になってしまいます。
また、相続人を確定しないと金融機関・法務局・税務署などの相続手続きをすることもできません。

戸籍謄本の職権取得について

戸籍謄本の収集は自分で取り寄せる事も可能ですが、点々移転していたり、戸籍謄本は法律により記載方法が変化しており古くなればなるほど何が書いてあるのか解読するだけでも大変で、出生まで遡る事が困難なケースが多々あります。
そんな時、頼りになるのが専門家の力です。司法書士は、戸籍謄本を職権で取得する事が出来ます。

2 遺産分割協議書の作成

相続人を確定させ、法定相続分以外の割合等で分割する場合には遺産分割協議書を作成しなければいけません。司法書士は、不動産に関する遺産分割協議書の作成だけでなく、金融資産等に関する遺産分割協議書の作成をするも事可能です。

3 法定相続情報証明の取得

法定相続情報証明とは、平成29年に始まった制度です。被相続人死亡時の法定相続関係を証明することができる書面で、法務局に対して戸籍謄本等の必要書類及び申請書を提出することで取得することができます。

4 相続登記

相続財産の中に不動産が含まれる場合、法務局に相続登記申請をする必要があります。司法書士は業として登記申請代理人を行っていますので、ここは超得意分野です。ちなみに、司法書士とよく間違われる行政書士は登記申請代理人となることはできません。

5 相続関係説明図の作成について

相続関係がひと目でわかるようにするため、相続関係説明図(いわゆる相関図)を作成します。この相続関係説明図は、登記申請の際の必要書類です。

司法書士が出来ない事

6 相続紛争への介入

相続紛争になった場合(もしくは紛争が予想される)は、司法書士では対応することができません。
弁護士さんへの依頼をおすすめします。提携している弁護士をご紹介致します。

7 相続税の申告

遺産が基礎控除以上ある場合には、相続税の申告が必要となります。
相続税申告については、司法書士は対応できません。提携している税理士をご紹介致します。

 

いかがでしたでしょうか??司法書士も出来る事と出来ない事がありますが、ひとまずどうしたらよいかわからなかったらご相談下さい。